残価設定型クレジットのメリットやデメリット、いま話題の残価設定型クレジットは、本当にお得なんでしょうか?

残価設定型クレジットって何ですか?

残価設定型クレジットとは、普通のクレジット、ローンとは違い、まず初めに3年〜5年後の買い取り保証額を設定します。これが俗に言う残価と言います。

そしてその残価(買い取り保証額)を除いた金額を分割で支払いする方法が、残価設定型クレジットといいます。

残クレは、残価(買い取り保証額)があるので、クレジットを組む所要資金が少なく設定できるため、月々の支払いの負担が軽くなり、いま注目を集めている自動車ローンです。

トヨタ自動車では、残価設定型プラン、日産では、日産ビッグバリュークレジット(残価設定型)ダイハツでは、ワンダフルクレジットなどとディーラ、販売店では自動車ローンの新しい形態の「残価設定ローン」として、かなり力を注いできているようです。

残価設定型クレジットのメリット

残価設定型クレジットのメリットは、残価を設定することにより、ローンを組む所要資金が少なくなり、月々の支払いの負担が軽くなる点です。

さらに残価を設定することで、いままで自分の予算では手の届かなかった、車に乗ることができる点です。

300万する車を欲しくても、ローンが200万しか組めない人でも、残価設定型クレジットを利用することで、残価が100万円あれば、300万円する高額な車が乗れるという点です。

残価設定型クレジットを利用することで、乗れる車の選択枠が増えるので、いま話題の電気自動車、ハイブリットカーさらにワンランク上の高額な車に乗れる点もメリットといえます。

人気の高額な車種を選択し残価設定型クレジットを利用と、人気の車種なので残価が高く設定でき、ローンを組む総金額が低く抑えることができるので、話題で人気の車種が月々の支払を安くして乗ることができます。

まさにお財布や家計に、やさしいクレジッドってことですね!

残価設定型クレジットのデメリット

残価設定クレジットの金利は、残価にもかかるため、通常のクレジットより高くなります。例に挙げると日産のビッグバリュークレジットでは、実質年率4.9%です。

低金利で話題の日立キャピタルの自動車ローンなどは、実質年率2.4%(保証料込)なので、残価設定クレジットの倍の金利が掛かることになりますね。

残価設定型クレジットでは、車両の状態や走行距離に規制が契約時にかかり、車両返却の際、走行距離等が別途定める基準を超える場合は、査定価格との差額をご負担しなければならない点です。

事故などを起こしたらさらに大変になるので、保険料は高くなりますが、車両保険は必須になるかもしれません。

残価設定型クレジットは、月々のお支払金額はかなり安く設定できますが、実際はボーナス月お支払い額や頭金を入れることで安くなっているので、月々の負担は少なくても、ボーナスの支払いがあるという点もデメリットかもしれません。

残価設定型クレジットには、メリットとデメリットがあるので、理解した上で自分に合っているかをよく考えて利用したほうがいいかもしれません。

また、本当かどうかわかりませんが、車両本体の値引き額も少なくなる場合があるそうです。

そのことを踏まえると、新車の値引きは、デーラーに行く前に事前に値引きの相場を手に入れて置きたい所ですね!

事前の値引き情報を調べるなら、無料で簡単にインターネットで見積もりがとれるオートックワンがお勧めです。

新車無料見積り・オートックワン

新車の値引交渉をスムーズするポイント

新車のディーラーに行く前に、次の2つのポイントを行うことで購入したい
新車の車両の値引き金額が大きく変わってきます。

新車の値引きの相場をしる

ディーラーに行く前に、新車の見積もりを用意しましょう!

新車を安く購入するために、欲しい車と競合車種の見積もりをあらかじめ用意して商談を進めることが大切です。

さらに、競合ライバル車種の見積もりを用意することで、のちのちの商談での値引き交渉で大きな差が出てきます。

ディーラーに行く前に、購入したい新車の見積もりを事前に取ることで大体の値引きの相場がわかります。

でも「新車を安く購入するためとはいえ、たくさんのディーラーを回る時間もなければ面倒で大変だよ」と思う方が多いのではないでしょうか。

新車無料見積りそこでオススメなのがインターネットで、簡単に気軽に新車の見積もりが無料で依頼できる「オートックワンの新車無料見積り」です。

オートックワンの新車無料見積り」を利用することで、ディーラーに行く前に、事前に新車の見積もりがとれ、大体の値引きの相場がわかります。

オートックワンの新車見積りは、一度に複数の車種の見積もりがとれ、ライバル車種の比較検討が出来るので面倒な見積もりの悩みが一気に解消し、自宅に居ながら比較検討が出来るのでとっても便利です!

オートックワンのいいところは、無料で新車の見積もりが取れ、見積もりの手続きが簡単で、最短60分(遅くても48時間)以内で対応ディーラーからメールで見積もり内容が送られてくる点と、複数の車種の見積もりがとれるので簡単にライバル車種の比較検討ができる点です。

また、希望しない電話や訪問が一切ないので、安心して見積もりを依頼することができます。(これは実際に体験済みです(^-^;))

(私も実際にラフェスタハイウエースターとプレマシー、フリードの見積もりを依頼し、実際のやり取りはメールでしつこい案内はありませんでした)




下取り車の相場をしる

ディーラーに行く前に、下取り車の査定をしましょう!

新車を購入するとき、下取り車の価格が高くなれば高くなるほど新車を安く購入することと同じになります。

下取り車の査定をディーラーに行く前に行うことで、下取り車の相場を知ることができるのでのちのちの商談での値引き交渉で大きな差が出てきます。

ディーラでの値引き交渉で、よく耳にするのが「これ以上値引きは厳しいので、下取りの方でなんとか調整しますので」と言って最初の査定額から、1万、3万、5万と徐々に査定額を上げてくることがあります。(これは実際に体験済みです(^-^;))

「お〜こんなに査定を高くしてくれるんだ〜」「なんか得した気分だな」「これなら契約してもいいな」と思いましたね、もうすでに営業マンのセールステクニックにハマっています!

逆に「なんで査定額がこんなに上げることができるんだ?」と疑問に思いませんか?
もしかしたら、ここでディーラが大きなサバを読んでいる?まさにその通りです!

ですから、自分の愛車の適正な価格の相場を知るということが非常に大切なのです。

では、どうしたら下取り車の相場を知ることができるの?

下取り車の相場と下取り車を高く売るためには、ディーラで査定をする前に複数の買い取り業者に買い取り査定を依頼し、下取り車の買い取り価格を把握することで、愛車、下取り車を高く売ることにつながります。

「でも複数の買い取り業者に行っている時間もないし面倒だよ」と思う方が多いのではないでしょうか?

そこでオススメなのが、インターネットで気軽に簡単に複数の買い取り業者に査定を依頼できる中古車一括見積もりサイト「カービューのクルマ買い取り一括査定」です。
1回3分の入力で、最大8社の買い取り業者、買い取り査定額がわかります。

※カービューのクルマ買い取り一括査定※詳細はこちら※

簡単一括無料査定



 

サイトマップ

落語